避妊法の利用のアクセス

性教育や性感染症の検査に加え、避妊は家族計画の一環として提供されるサービスの一部です。避妊薬はWHOが指定する人間の基本的ニーズにとって欠かせない必須医薬品リストにも含まれています。避妊法を用いることで、女性は自らが適切と思う時期に妊娠することができ、それによって若年妊娠や間隔の短すぎる妊娠から起こる合併症を避けることができるのです。

途上国では、女性の避妊に関する知識が増してきている一方で実用は未だに非常に困難です。女性が避妊手段を入手しようとし、カップルの間で使用したいと訴えようとすると、男性側の無関心に由来する強固な壁に突き当たることがあまりにも多いのです。

男女間の不平等が家族計画の重大な障壁となっています。社会・文化および宗教からくるある種の考え方が、女性を子どもを産むという役割に限定し、家族計画を行う権利を認めないうえ、より広い意味で女性が自身の体を意のままにすることを認めないのです。独身や思春期の女性に関しては、彼女たちが性的な行動をとること自体が、否定されているか常と考えられており、性と生殖に関する健康を得るためのさまざまな施策から疎外されています。他方、既婚女性でも避妊法を用いるのに夫の承諾を得なければならないという国もあります。

避妊することは人間の基本的な権利です。女性の健康にプラスの効果もあり、以下のことを可能にします。

  • 若年妊娠や多すぎる妊娠を減らし、妊産婦の健康を改善する
  • 出産間隔を長くする(途上国では、出産間隔を3~5年あけることで乳幼児死亡率を46%減らすことができる)
  • 若い女性が自立し、学業を続け、男性と同等に労働市場に踏み出すことができる。これは、男女間の不平等をなくすと同時に極度の貧困を減らすことにもつながる。サハラ以南のアフリカ諸国の一部では、若い女性のうち8~25%の妊娠のために学校をやめています。
  • HIVと性感染症の拡大を防ぐ

 

This is a unique website which will require a more modern browser to work!

Please upgrade today!